スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸

今年は3種類出された磯自慢のブルーボトルですが、いよいよその3部作も最終章に入りました!
7月と9月出荷の古家と常田は呑み比べ致しましたが、今回は西戸単体です・・・お店には古家も常田もまだ置いてましたけど、サスガにもう一度全種購入はね~^^;

そんなわけで、本日は「磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸」です!

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸 01

11月に入ってスグの頃に、久々に磯自慢でも買おうと酒店に伺ったら、丁度その日に西戸が入ってきたと教えてくださったので奥から出して頂きました。
まだ届いたばかりとのことで、サスガに繊細なお酒なのか「念のため開栓は明日以降の方がいいですよ」と注意がありましたが、結局呑んだのは結構後になりました。
出荷月が3種類の中で最後の分、一番寝かされている(?)西戸ですがどのような味わいに仕上がっているのでしょうか楽しみです!

それにしてもこの西戸だけ特別扱いなのか化粧箱も別誂えです。
トリを飾るだけあって、これまでのものとはガラリとイメージが違いますね。
どういう意味が込められているのでしょう?

↓左から出荷順で古家(7月)・常田(9月)・西戸(11月)です。
磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸 00

上立ち香は、古家・常田の記憶を手繰り寄せて比べてみても、遜色無い気が致します。
でも若干コチラの方がまろやかかな?
上品なメロンに溶け込んだミカン、そしてバニラ様の甘さが決して出過ぎずに立ち上ります。
シトラス→メロン→バニラといった印象でしょうか。


どら・・・。


天然水のようなクリアな口当たりから始まり、そのまま透明感を保ちつつ、円やかな甘味とトロケる旨味を中程度だけ膨らましたかと思うと、上品さを崩さない程度の柑橘系の酸味が味わいを切ってゆく。
潔い引き際は、ヤハリ天然水の印象を思わせる透明感・・・一切何も残しません。

もうこれ以上はボクの語彙では説明できません!
いやぁ~相変わらず旨いですが、現段階の味わいでは常田に軍配が上がります・・・個人的にですが。

3部作の中で一番甘味が前列に立っている気が致しますが、どちらかというと常田より古家に近い味わいですね。
予想に反し、古家同様フレッシュさすら思わせる味わいでした。

どうも常田は同じ味わいの線上のなかでも一段と円やかさが際立っていて、細かい世界で言うと他の2つとは別物に感じる味わいでしたので、個人的に順位を付けるなら1位が常田で同率2位が古家と西戸といった感じでしょうか。

そんなワケで今年だけで磯自慢に一体どれだけ日本酒予算を奪われたんだろう?
こんな上のクラスでシリーズ物を出すなんて、これっきりにして欲しいですね(笑
それでもボクは買ってしまったんですが・・・。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸 04

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸 (磯自慢酒造)

原料米 : 特A地区 東条秋津西戸産 特上米100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
粕歩合 : 62%~67%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 4~5
酸度 : 1.25
製造年月 : 22.11
内容量 : 720ml
値段 : 5,460円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ キレイ系 メロン香 バニラ香

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 畑違い呑み比べ

日本酒を本格的に呑み始めて、2回目の日本酒の日を迎えることが出来ました!
恐らく普段から日本酒を呑んでる良い子の皆様は、そりゃもうイツモ以上に怒涛の祝い酒と存じます(笑
何せ今年の10月1日、日本酒の日は金曜日ですからね!
日本酒の日とは、日本酒を沢山呑んでもいい日という意味ですので(嘘)、ボクもはっちゃけます!

大体記念日はコノ銘柄です。

本日は「磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田」です。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 05

ちょっと前から酒店さんの冷蔵庫の下にズラリと並んでいた磯さんの純大吟ですが、「まあ去年呑んだからそれより他の銘柄を呑もう」と、さして気にも止めませんでした。
しかし、先日よくよく見ると何だか箱に青い文字と赤い文字で書かれた2種類あるではないですか!

しげしげと眺めつつ、まあ産地違いの事カナ~と思い2本ともレジに持って行くと、ボクの半疑問顔を見兼ねて(?)、酒店の方がキチンと地図まで出して説明してくださいました。
その東条秋津の地図まで貰っちゃった!

同じ特A地区は特A地区なのですが、いわゆる東条町秋津の中でも幾つか畑の区画があり、その畑で採れたお米だけを使って醸されたそうで、東洋美人のテロワールシリーズのような趣となっております。
もちろんこの試みは今年からですが、来年からも続くかは分かりません^^;

ちなみに古家と常田の場所はコチラ。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 00

地図にもう一つ載っている「西戸」は、年2回出るブルーボトルの11月出荷Verでお目見えになるそうです。
サスガにそれまで待って呑み比べるのは、冷蔵庫の回転率を大幅ダウンさせてしまうので諦めました^^;

因みに今年からエメラルドボトルや、愛山まで化粧箱だったりラベルだったりが一新になりましたが、このブルーボトルもラベルの柄が結構シンプルになって、金色だった「純米大吟醸」の文字は白色に、更にボトルの色も少し明るくなった?ような気が致します。
化粧箱付き大吟クラスによく同梱されている、お酒の説明書きのような紙もカナリ変わっておりました。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 12
              ← 今年   従来 →

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 04磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 03磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 02
↑ 右から順番になってます。


今年のものには、造りの過程やそれに対するこだわり、また今回の畑違いについての説明が三つ折りの紙にビッシリと書かれております。
気になる方は上の画像をクリックして拡大して読んでください。

インターナショナル・ワイン・チャレンジの「純米の部」と「純米吟醸・純米大吟醸」の2つの部で金賞を受賞されましたし、磯自慢さんはますます勢いが加速したように思えますね(ちなみに受賞したのは「特純雄町」と「エメラルド」です)。

さて、かつてない壮大な前置きでしたが、早速呑み比べです!

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 09

まず古家の上立ち香・・・もやは気品が満ちているという表現がピッタリな清冽な香り。
美しくも、メロンとミカンが溶けて混ざり合ったかのような果実を感じます。
この辺は常田も同じく良い香りですね。
明確な違いは感じません。


どら・・・。


古家

透明感溢れる甘味がス~っと透き通る。
ふわりと甘い含み香が広がりつつ、舌に乗って温度が上がると旨味が徐々に溶け出して広がってゆく。
どこまで広がると思いきや、申し訳程度の酸味が一気に切り落とし、無の世界。
呑み込んだあと、あの甘味や旨味の余韻を一切残さずスグさま消えてゆく潔さは、サスガと行ったところでしょうか。
やはり最高クラスの1つだけはありますね~、旨いや!

常田

常田は先に呑んだ古家を主軸にして違いだけを考察しようと思います。

気のせいか?
古家よりも円やかな口当たりで、甘味や旨味の消え方が非常に滑らかで美しい。
水を挟んで古家に戻って比べてると、ヤハリちょっと違いますね。
古家で感じた僅かな酸味ですら、コチラには見当たらない。

常田は古家以上に酸味が立たず、それだけに円やかさや美しさの演出が一つ上みたいですね~。
戻り香がやや苦味を伴ったバニラのようで、これも古家とは違い落ち着き払った良い香り。
この戻り香もあってか、円やかな旨味がドコかミルキーな感じ。
こうして見ると、古家は立ち香・含み香とともに、戻り香にも共通点があり、非常に柑橘系の果実を思わせるフルーティーな香りの余韻ですね。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 08

上立ち香までは全く同じでしたが、ミカンのようなふんわり甘く新鮮な柑橘の印象を与えてくれる古家。

より円やかさが格上で、余韻が果物というよりバニラのような落ち着きある甘い香りの余韻を残す常田。

開栓後の香り・味わいの開き方といい完全にボクは常田が好みでした。
まぁ、明確に違いを見極めてやろうと神経を研ぎ澄まして呑むより、普段着気分で呑んだほうが美味しいのは言うまでもないですケドね(笑

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 10磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 11

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家 (磯自慢酒造)

原料米 : 特A地区 東条秋津古家産 特上米100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
粕歩合 : 62%~67%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 4~5
酸度 : 1.25
製造年月 : 22.07
内容量 : 720ml
値段 : 5,460円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 常田 (磯自慢酒造)

原料米 : 特A地区 東条秋津常田産 特上米100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
粕歩合 : 62%~67%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 4~5
酸度 : 1.25
製造年月 : 22.09
内容量 : 720ml
値段 : 5,460円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ キレイ系 メロン香 バニラ香

誕生日ダヨ!第3弾 ◆ 「マル秘 磯自慢!」

誕生日3部作もいよいよ最終章!(タイトル間違って第1弾にしてしまってた・・・素面なのに^^;)

ボクと言ったら、やっぱりこの銘柄は外せません。
そう、もちろん磯自慢です!
しかも秘密秘密の磯自慢ですよ~♪

デ~ン!


磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 00



ん・・・?
何度も呑んでるごくごく普通の大吟醸では・・・?



磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 03
磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 04



ちょっと接写近すぎてボケてますけど、見えますかね?
98年製造です。
何と12年熟成。
大古酒ですよ!

誕生日酒最後を飾るのは、「磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 大古酒」です!

実はコレ、誕生日酒を買いに酒のやまもとさんに出かけたときに、ご好意で頂いてしまいました。
いやぁ、普段から磯自慢ばっか買っとくもんですね(笑

そんなワケで、思いもよらぬ誕生日酒をプレゼント(絶対偶然ですけど)してくださり、ご機嫌な誕生日を迎えることが出来ました。

12年前も大吟の出る時期が変わってないのなら、醸造年度的には9BYでいいのでしょうか?
ボクの半生以上寝てますよ。
もうこの磯自慢さん小学校卒業しちゃいますね(笑


磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 02


上立ち香は、サスガにかつて頂いた3年熟成とは違ってチョット枯れた香りがしますね。
枯れたメロンの奥にも、ややバニラを内包した貫禄の香り。
かつて新年会で呑んだ大古酒達と非常に似た香りですね。


どら・・・。


うおおおお!
とてつもない旨味の濃さ!
ハンパないです。

丸い。
とにかく丸い。

どこまでもひたすら円やかな旨味が、フワ~っと広がってゆく。
3年熟成で感じた凝縮された甘味はどこへやら。
甘味も全て旨味に変換されたんじゃないかっていう味わい。
でもまだわずかに甘味が残ってますね。

これは燗!
言うまでもなく燗でしょう。

というわけで、上燗で呑んでみました。

まず感じるのは、旨い酸味。
そしてヤハリ濃厚な旨味が中盤にかけて一気に立ち上がり、程良い甘味と融合。
食べたことないけど、ホットメロンってこんな感じだろうか?

中盤以降は一気に旨味が膨らんだかと思うと、意外と味の出は短くドコか大吟醸らしさを覗かせる。
でも、得も言えない戻り香の余韻は結構長めですね~。

うっまぁ~い!

何より燗冷ましの旨さがすごいですね。
旨味はそのままで、甘味がグっと増してきました!
冷えた甘味がひんやりと後引く和三盆のようで、どこか熟成感特有のチョコっぽさがここで出てきました。

燗冷ましで旨いと感じたお酒は初めてです。
だいたいクドくなるもんなんですが・・・。

ちなみに、微かな甘味は3週間も経った今では大分濃くなってきましたので、この味わいなら冷でも全然イケる味わいだと思います。
というか、思いのほかフルーティーさがここで増して来たのに驚きです^^;


ところで、3年前の大吟の4合瓶には無かった裏ラベルでしたが、12年前の瓶にはありました。
現在のラベルは純大吟ブルーボトルと同じように、表ラベルと繋がって1枚のラベルになってたのですが、昔は分かれていたんですね。
どうでもいいか(笑

もっと凄いのが、手元の酒ラベルと比べてみたら12年前も今も日本酒データが1つも変わってないこと。
日本酒度も酸度もアルコール度数も、全部毎年同じに仕上げてるんでしょうか・・・?


磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造 05


スペック---------------------------------------

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 (磯自慢酒造)

原料米 : 麹/掛 特A地区特上 山田錦100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 45%
粕歩合 : 60%~65%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 5~7
酸度 : 1.2
製造年月 : H10.xx
内容量 : 720ml
値段 : 頂き物
購入店(頂き物) : 酒のやまもとさん、貴重な品を本当にありがとうございましたm(_ _)m
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : 甘味スッキリ 燗上がり良し メロン香 バニラ香 濃醇系

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ

いよいよ出ましたね!
くどきからの新商品!
買わないわけにはいかないでしょう~♪

そんなわけで今回は「くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ」です!

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ 00

使用米は王道山田、聞くところによると特Aだそうです。
そんな特A山田を35%まで磨いているにも関わらず愛山48と同じ4305円!
もうこの時点でお買い得、コストパフォーマンスの高さをビシビシと感じざるを得ません!

なんだかもう口調で浮かれているのがお分かりでしょうか?(笑

中汲み大吟というだけでも贅沢なのに、さらに斗瓶の澱をからめたというこのお酒。
しかし、瓶を見る限りハッキリと澱は確認できませんね。
瓶底にもありそうにないぞ~???
霞酒みたいにうっすらと決め細やかな澱がすでに混ざってるんでしょうか?
気になるところです。

というかくどきのアル添って多分初めて呑むと思います。
初呑み特A山田使用Ver、初呑みくどきのアル添、そしてなおかつ新商品!
結構くどきは呑んだつもりでしたが、こんなに初めてづくしで迎える今回のお酒。
いやぁ~、楽しみです!

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ 01

おんやぁ~?
グラスに注いでも全然澱がからんでいないですね。
瓶も逆さまにさせたのになぁ~。
そういうもんなのかな?

上立ち香は、クリーミーなメロンのいい香り♪
なんていうかメロンクリームソーダみたい??
いつものリンゴはどうしたんだろうと思い、しばらくグラスを回しながら香り楽しんでいると、リンゴっぽいニュアンが出てまいりました。
それにしてもまったりとしたいい香りです。


どら・・・。


こ・・・これがくどきなのかっ!?
くどき上手はどれもがくどきらしい味わいですが、やはり山田錦はちょっと違いますね。

いつもとはうって変わって透き通ってますよ~!
味わいもどこかバニラのような、メロンのような・・・そんなバカな、やっぱりクリームソーダー?
このコクのある味わいはなんなんでしょうかっ!
温度が上がってくると、メロンクリームからバニラリンゴに変化してきました。

こりゃぁ~旨い!

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ 02

ちょっとゆっくり口の中で転がすと、いつものジューシーな酸味と果実の味わいが溢れてくる!
柔らかな旨味と、穏やかな甘味。
何とも滑らかで、喉の奥に抵抗なく落ちていきます・・・。

秀逸という言葉ですら足りない驚きの引きの速さも特筆すべき点でしょうか。
少しだけ喉の奥に、ボヤ~っと余韻が残っているかいないかの感じで幕引き。

くどきの中では、35%ですら3番目(30、33、35であってるかな?)の精米歩合ですが、正直30のスーパーや出羽33ですらもっと厚みのある味わいでした。
くどきに限っては高精米=キレイという方式は当てはまりませんが、この山田だけはハマってるように思えますね。

くどきらしい味わいが確かにうっすらと基礎を支えてくれているのは感じますが、なかなかこれまでに味わったことのないコクはボクに衝撃を与えてくれました。
山田の35%で、キレイさ以外の衝撃を与えてくれるたのは今の所くどきと九平次だけ!

そういえば、もうすぐ「穀潰し」というくどきの最高精米を更新するお酒が出るそうで・・・そちらも楽しみですね!
ネットでラベル画像見ましたけど、出羽燦々の22%って何かの間違いじゃ?(笑
いつ蔵出しされるのかも気になりますが、いくらで販売されるのかが一番気になりますね・・・。
くどきならお求めやすいと願いましょうか。

今回の新発売の大吟醸といい、新たなラインナップをどんどん加えるくどき上手は本当に呑み手を楽しませてくれます。

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ 03

スペック---------------------------------------

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみ (亀の井酒造)

原料米 : 山田錦100%(兵庫県特A地区産)
酵母 : M310・KA
精米歩合 : 35%
アルコール度数 : 17~18度
日本酒度 : -1
酸度 : 1.2
製造年月 : 22.06
内容量 : 1.8L
値段 : 4,305円
購入店 : けんもく商店さん
-----------------------------------------------

↓ぽちっとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 メロン香 バニラ香 甘味スッキリ キレイ系

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋

給料日第2弾!
またまた大吟醸です。
大好きと言っておきながら、この銘柄を呑むのはもう2,3ヶ月ぶり。

本日は「醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋」です!

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 01

高精米の九平次を呑むのはこれで2度目。
感動しまくった別誂をあえてもう一度買おうかとも思いましたが、九平次は結構下から上までラインナップが豊富なので、別のを買おうと思いました。
4合で買えるのは何かないかな~と思いながら見ていると、以前から気になっていたこのお酒があったので、手にとって見ました。

裏ラベルの説明を見ていると、いわゆる大吟の選抜酒ってことなんでしょうかねぇ?
佐藤さん本人が、特に気に入ったものを選んだそうです。

実は、選抜酒系はもう1本買っているので、そちらとあわせて初選抜(?)をタップリ楽しみたいと思います♪
とにもかくにも、カリカリカリっと(feat.ともにゃんさん)さっそく開栓!

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 03

上立ち香は・・・何だこれ?
リンゴというか、アップルパイみたいなデザートのような香りに、バニラのような熟成っぽい香りが混じる♪
何て上品な香りでしょうか。

これまでの南国九平次とは全然違う香りですね~。
温度が上がってくると、若干グレープフルーツのような柑橘っぽさも。


どら・・・。


まずは九平次らしいジューシーな甘味が第一印象!
ジュワッとした果汁のような味わいの中に、若干の渋味を感じます。

異様に滑らかな口当たりで、キメ細かい旨味がほどよく膨らみます・・・。
俊敏な酸味と渋味が、他の三味を根こそぎサラってゆき、無の世界。
う~ん、引き際も潔い!

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 04

別誂に迫るお酒はないんじゃないかって思ってましたが、コレは素晴らしい。
別誂がジューシーなら、この御点前はひたすらまろやか。
う~ん・・・ここの蔵の中でも特に上位酒は、どれを取っても感動的なものばかりですね。

むっちゃ旨いです。
戻り温度のじんわりとした感じよりも、やや冷えた状態の一貫したキレイさの方が好みかな♪
アルコール度数の高さを感じさせない逸品でした。

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 05

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 06 醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 07


スペック---------------------------------------

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋 (萬乗酒造)

原料米 : 山田錦100%
精米歩合 : 40%
アルコール度数 : 17~18度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 22.06
内容量 : 720ml
値段 : 3,308円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽちっと後押ししていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ キレイ系 リンゴ香 バニラ香

プロフィール

知志

Author:知志
 
名前 : 知志(さとし)

大阪生まれ大阪育ちの日本酒好きの24歳。
更新の無いまま3年目突入(笑
まわりの友人たちは誰も日本酒を飲まないので、日々布教活動に勤しむ今日この頃。

同年代を1人布教完了!

好きな銘柄 :
磯自慢・くどき上手・而今・醸し人九平次
大吟・純大吟といった高精白酒や、斗瓶・袋吊りという言葉に弱い

趣味・特技 :
7歳くらいからエレクトーンなぞやっとります。

好きなもの :
ジャズ、イカの塩辛(黒造り)、お酒(大の日本酒党、いや、ビールも焼酎もワインも好きだけど・・・)

----日本酒略歴----
淡麗辛口で始まる。

典型的な火入炭濾過の味に飽きる。

フルーティーな日本酒に出会う。

その時電流走る。

嗜好が甘味・果実感を主体とする日本酒に変化。

もっと他にも旨い日本酒があるはずだ。

陸奥八仙純吟中汲み直汲み生に衝撃。

三重錦純吟中取りうすにごりに衝撃。初リピート。

くどき上手純大吟亀仙人に衝撃。亀の尾純吟にごりにも衝撃。

而今五百万石純吟Mk3酵母生に衝撃。

一白水成美山錦純吟生に衝撃。

房島屋純大吟生に衝撃。

山間T-7純大吟に衝撃。

而今純吟八反錦火入に衝撃。

村祐純米大吟醸生に衝撃。

常盤松純大吟にごり生に衝撃。

而今大吟醸火入に衝撃。

房島屋純吟おりがらみ生兎心に衝撃。

磯自慢 大吟醸純米 酒友に衝撃。

豊盃 純米しぼりたて 生に衝撃。

くどき上手 純大吟 羽州山田48に衝撃。

くどき上手 純大吟 愛山48に衝撃。

而今 特純 九号火入れに衝撃

而今 純吟 千本錦 火入れに衝撃

陸奥八仙 吟醸 中汲み 無濾過 生に衝撃

一白水成 純米吟醸 美山錦 無濾過原酒 一回火入れに衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトルに衝撃

醸し人九平次 吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 酒未来44に衝撃

龍神 純米吟醸 秋澄雄町に衝撃

磯自慢 純米吟醸 多田信男に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 ときの花をかざすに衝撃

磯自慢 愛山 大吟醸50に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 雄町に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 雄町44に衝撃

雅山流 純米大吟醸 「翠月」に衝撃

上喜元 純米大吟醸 愛山 2007に衝撃

醸し人九平次 純米大吟醸 別誂に衝撃

東洋美人 純米吟醸 437に衝撃

磯自慢 純米吟醸に衝撃

鳳凰美田 純米吟醸 亀ノ尾 しずく絞り 斗瓶取り 無濾過生新酒に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 純米吟醸 AZOLLA ~アゾラ~に衝撃

墨廼江 純米吟醸 中垂れに衝撃

黒龍 純吟 三十八号 ひやおろしに衝撃

黒龍 大吟醸純米 愛山に衝撃

黒龍 大吟醸 しずく 氷温熟成2年に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽の里 44に衝撃

龍神 純米吟醸 播州山田錦 生詰に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山に衝撃

磯自慢 水響華 大吟醸に衝撃

而今 特別純米 にごりざけに衝撃

而今 特別純米 九号酵母 無濾過生原酒に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒に衝撃

磯自慢 吟醸 しぼりたて 生原酒に衝撃

鳳凰美田 別誂至高 しずく絞り斗瓶取り 大吟醸原酒に衝撃

磯自慢 純米吟醸 生原酒に衝撃

スーパーくどき上手 純米大吟醸 改良信交 30に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

奈良萬 純米大吟醸 中垂れ 無濾過生原酒に衝撃

黒龍 大吟醸 八十八号に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 火入に衝撃

松の司 純米吟醸 選別あらばしり 生に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々 33に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 2007年製造に衝撃

松の司 大吟醸純米 黒 18BYに衝撃

楯野川 中取り純米 出羽燦々 生に衝撃

磯自慢 特別純米 山田錦に衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

松の寿 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

龍神 大吟醸 山田穂 鑑評会出品酒 瓶火入に衝撃

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋に衝撃

磯自慢 大吟醸 愛山 50 21BYに衝撃

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみに衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

墨廼江 大吟醸 600-Kに衝撃

而今 大吟醸 火入れに衝撃

上喜元 大吟醸 出品酒に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造に衝撃

醴泉 純米吟醸 活性にごり 本生に色んな意味で衝撃

小左衛門 純米吟醸 13号 播州山田錦 20BYに衝撃

雨後の月 純米吟醸 山田錦に衝撃

黒龍 しずく 大吟醸に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田に衝撃

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろしに衝撃

初亀 純米吟醸 富蔵に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 大吟醸 斗瓶囲 出品酒に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 Jr. 山田錦に衝撃

山間 無濾過 亀口採り 瓶燗 T10・T11に衝撃

黒龍 純吟 三十八号に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 21BY&22BYに衝撃

大信州 秋の純吟 山田錦に衝撃

小左衛門 純米大吟醸 播州山田錦 19BYに衝撃

仙禽 純米吟醸 とちぎ酒14 中取り 袋しぼり 無濾過生原酒に衝撃

越乃寒梅 大吟醸 超特撰に衝撃

正雪 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 短稈渡船 44に衝撃

泉川 純米吟醸 ふな口 本生に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸に衝撃

十四代 中取り純米 無濾過 生詰に衝撃。←今ここ
------------------
まだまだブログも日本酒も初心者の若輩者ですが、一つよろしくお願いいたします。
フルーティー万歳!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
ユーザータグ
おりがらみ系
にごり系
フルーティー認定
シュワシュワ
微発泡
キレイ系
濃醇系
ジューシー系
メロン香
リンゴ香
マスカット香
パイナップル香
バナナ香
バニラ香
モモ香
イチゴ香
ナシ香
オレンジ香
グレープフルーツ香
ブドウ香
ブルーベリー香
甘味スッキリ
甘味炸裂
燗上がり良し
雑談
会レポ
FC2カウンター
近況
閉鎖しているようでしていない当ブログ
2012年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
最新記事
検索フォーム
ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。