スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

十四代 中取り純米 無濾過 生詰

ご無沙汰しております。
たまの休日が旅行だったり、新年酒の検討や酒屋めぐりだったりで中々更新するまとまった時間が出来ませんでした。
気づけばもう年末ですね~^^;

そんなワケで今回は、チョット前に呑んだこのお酒です。
ようやく家呑み!
「十四代 中取り純米 無濾過 生詰」です!

十四代 中取り純米 無濾過 生詰 00

呑んだのは大分前なので、もうあの感動は薄れておりますが、苦節1年半くらいでしょうか(笑
一人で呑むのもアレなんで、一応「お勉強」という題目として、日本酒好きに"させた"友人のT君も呼んで呑ませてみました。
もうT君は完全に日本酒洗脳完了です(笑
彼も色々な銘柄を買って試しているようですね~。

ちなみに元日の新年会も、彼ともう一人の友人とで開きます。
去年は而今の特純ムロナマゲンとにごりざけを出品しましたが、チョット今回はスゴイんじゃないかな~と自画自賛しております(笑

さて、初めての家呑み十四代ですが、利き酒会では利き猪口でしか呑んだことがないので、ワイングラスで呑むのが楽しみです。

十四代 中取り純米 無濾過 生詰 01

上立ち香は、マスカットのようなリンゴのような、いわゆる青リンゴっぽい香り。
冷えた状態では意外と香りは突出しておりませんね・・・でも瑞々しくて良い香りには違いありません。


どら・・・。


フワリとした上品な果実の甘味が透明感を保ちつつスーっと広がる。

ただ、それだけ。
まるで刺激のない味わい。
でも中盤から終盤あたりに旨味らしき味わいを一瞬感じることができ、これがお酒なのだと認識出来ます。

まるで酸味を感じ無いのに、このキレはなんだろう?
味に凄い特徴があるわけではないんですが、とにかく凄いお酒っていうことだけは分かります。
なんせ、これで通常純米酒と豪語しているのですから・・・。

戻り温度が影響し始めてきて、ようやくウッスラとした酸味や渋味のような五味らしい五味を感じ取ることが出来ました。
でもキレイさは一切崩れないですね~!
正直言って純米大吟醸とさえ見紛う味わいだと思います。

旨い甘水というか、果実水!
その甘味が綿雪のように瞬時に溶けてなくなる様は、特筆モノです。
コレが純米なら、上のクラスはどうなんだろう?

十四代 中取り純米 無濾過 生詰 03

ちなみにT君のコメントは、「呑みやすい!」「普段なら2杯目くらいからアルコール感を感じてきて杯が止まるけど、コレは止まらない!」と旨い旨いとしか言わず、絶賛というかベタ褒めでした。
まぁ、喜んでくれたようで良かったです(笑


何だか聞いていた話とは違って、ソコまで華やかな酒質ではなく、落ち着いていて決して食に合わない酒ではないと思いました。
やや甘めの味付けのアテと、非常に良く合います。

ちなみに開栓数日後、上立ち香はイッキに高貴さを湛えたマスカットオブアレキサンドリアに変貌!
コレほどのマスカット香は初めて・・・感動致しました。
味わいも非常に乗っていて、甘味に円熟さを感じられるほどになりました。

いやいや・・・・旨すぎでしょうよ・・・。
こうまでウワサ通りだと参ってしまいます^^;

とても1升3000円の味わいじゃない!
なんというコストパフォーマンスの高さだろう。

初家呑みの十四代は、ヤハリやられてしまいました。
いいお勉強させていただきました!

十四代 中取り純米 無濾過 生詰 02

スペック---------------------------------------

十四代 中取り純米 無濾過 生詰 (高木酒造)

原料米 : 美山錦(らしい)
酵母 : ?
精米歩合 : 55%
アルコール度数 : 15度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 22.10
内容量 : 1.8L
値段 : 3,150円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ リンゴ香 マスカット香 キレイ系

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 熟成呑み比べ

11月に入り、いよいよ今年の終わりも近づいて来ましたね。
本当に今年は早い1年でした・・・と、振り返るにはまだ早過ぎるか(笑
本日はまたまた呑み比べですが、去年はチョット違和感をおぼえたりもしたこのお酒。

今回は「磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 2009年&2010年出荷 呑み比べ」です。

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 20BY&21BY 00
         ↑去年が左側で、今年が右側です。



今年の愛山大吟醸50と同じく、去年までプラスチックケースに入ってましたが、今年はシッカリと化粧箱に入っております。

去年も2本呑みましたが、1本目はチョットらしからぬ匂いを感じたので、もう1本購入して呑みましたが、恐らく2本目が正当な評価ですね。
非常に重厚な味わいが印象的だったお酒でした。

今年もそろそろ出た頃だな~とお店に伺うと、思ったとおりございました。
今年は化粧箱に入ってるのか~と眺めながら、何故か1本だけプラスチックケースに入ったものが隣に並んでいる。
お店の方に伺ってみると、やっぱり去年のでした。

これは呑み比べネタになる!と思い、迷わず購入。
いやぁ、本当に衝動買いが多くなってしまったなぁ~^^;

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 20BY&21BY 02

まずは今年のものから!

2010年

上立ち香は・・・おへー!?
ブルーベリーみたいな良い香りですね!
ストロベリーとは違ったベリー系の香り。
クランベリー?ラズベリー?
何ベリーかはハッキリとは分かりませんが、多分ブルーベリーでしょうか。
麹の香りもチラっと混ざって、何となくブルーベリーヨーグルトって感じの香りですね。


どら・・・。


いや~何だこりゃ・・・?
これは、もう旨すぎるとかそういう表現じゃ飽き足りない!
最近ようやく磯自慢病も治ってきたかと思ってましたが、やっぱ治癒には至ってないですね(笑

まっっっ・・・たりとした濃厚な味わい。
ミルキーな旨味は愛山らしいですね。
トロットロだぁ~!

線の細い甘味が、コレだけ濃厚なのにキレイさを演出しています。
濃厚でクリア!
この矛盾する感覚は愛山ではよくあることでしょうか。

このコク深さは得も言えませんね!
終盤に感じる酸味と含み香のマスカットが非常に爽やかです。

更に開栓後数日置いて味を見てみましたが、モハヤ文句の付けようのない旨さです。
完璧ですね!
2010年。今年の愛山純大吟は、開栓3日後はパーフェクトといって差し支えないでしょう。

甘味は増しましたが、その他の四味がグッと落ち着いて、旨味は従来通りのトロトロ!
立ち香や含みの爽やかさから、まだまだフレッシュさを感じるのですが、味わいが似つかわしくないくらい深く、もう何が何だか分かりません。

久々に取り乱す旨さ。
今年の愛山純大吟は、呑まなきゃ損だ!

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 20BY&21BY 03

お次に1年熟成。

2009年

上立ち香は、複雑な洋ナシ系の香り。
何て形容すればいいか分かりませんが、とにかく重厚な香りですね。
マスカットも若干入ってますね~!
ふつふつと果実が立ち上ります。


どら・・・。


おお~・・・このコックリと粘性を思わせる濃厚さに思わず押し黙ります・・・。
今年のよりも濃厚だ!

甘味の細さは大差ないですが、甘味にもコクが出ているように思えます。
そういう意味では、透明感やキレイさでは今年の方が上ですが、この重厚さはチョット他では味わえないんじゃないでしょうか?
含んでいると、何だかほっぺたが重くなる感覚(笑
ドコか梨っぽい果実感は、コチラの方が強いですね。

キレという概念はないですね。
どこまでもミルキーで濃厚な味わいの余韻が続きます。
でも何故か透き通っていて重くない。
この辺は高精米が関係しているのでしょうか?

こうして呑み比べると、今年のものはキチンと昨年の延長にある味わいですが、こうもまで見事に味わいの深みや濃厚さが一段上だと、シッカリと熟成の良さを感じることが出来ますね~!

2009は開栓後、更に甘味が増して、含んだ際の果実感もメロン系になってきて非常に素晴らしい味わいになりました!
初日より遥かに旨くなりましたね~。
コレらのお酒はじっくりと味わうのにピッタリな酒質だと思います。

呑み比べの価値は十二分にありました!
大満足!
というか両者旨すぎるぞ~。

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 20BY&21BY 04

2009年を寝かせてる方々は、もう1、2年寝かせても多分このお酒はヘコタレないと思いますよ。
今開栓しても旨いですけど、ボクならもう1年寝かせますね。
まあ、2本持ってて今年と来年と1本ずつ開ける人が一番正解だと思います・・・(笑
この1年熟成も旨いんですが、今年の2010の方が寝かせるとより旨くなりそうな予感がします・・・何となくですが。
開栓直後からスデに凄かったので、きっと熟成しても頑張ってくれるんじゃないでしょうか?

開栓直後は2010年に軍配を上げましたが、開栓後は2009が僅差で旨かったです。
1週間以上引っ張ってみましたが、最終的に2009は非常に高貴なマスカットの香りを湛えており、旨味濃厚だった味わいはややアッサリとし始めました。

香りと同様、マスカットのような果実味はグっと増して、やや後半から徐々に渋味が出始めて収束まで長ーい余韻。
もう旨いとしか言いようがない!

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 20BY&21BY 05

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 (磯自慢酒造)

原料米 : 兵庫県吉川産 特A愛山100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 21.??
内容量 : 720ml
値段 : 5,402円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 (磯自慢酒造)

原料米 : 兵庫県吉川産 特A愛山100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 22.??
内容量 : 720ml
値段 : 5,402円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

今年から?なのか、製造年月の注意書きの文章が新たにラベルに追加されました。

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ キレイ系 マスカット香 ブルーベリー香

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし

日本酒の日は結局会社の呑みでホトンド日本酒を呑めなかったのですが、その鬱憤が溜まって土日に呑み過ぎました^^;
おかげで土日が潰れて、1日に記事上げた後に皆様のブログ訪問が遅れてしまって申し訳ないですm(_ _)m

さて、チョット前に更新がストップする以前から掲げていた新酒銘柄開拓ですが、日本酒の日という記念日も終わったので、また普段通りのお酒達に紛れて攻めて行きたいと思います!

本日は「雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし」です。

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし 00

ボクの今年最初のひやおろしは、初呑み銘柄となりました。
新たな出会いに期待ですね~!
この雑賀、ある日ドコかのページか何かの紹介文で旨そうな印象を受けたのを覚えておりまして、冷やおろしをそろそろ呑もうと思ってた時期と重なり購入してみました。

まぁ、以前も旨そうな日本酒のネーミングのお話をしましたが、初めてこの銘柄名を見たときは正直想像もつきませんでしたね^^;

でも冷やおろしらしい醇酒との事なので、期待して開栓!

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし 01

上立ち香は、マスカット寄りのメロンの香り。
どこかレモンのような酸味の強い柑橘系やパイナップルを感じさせる。
コレ!と表現できない、果実特有の酸味を伴ったな香りですね。
酸味の強いイチゴっぽさも感じられるかな?


どら・・・。


芳醇!
濃い~旨味が第一印象!

非常にトロトロとした旨味を感じさせつつ、程良い甘味が出過ぎず添えられています。
これだけトロットロの濃い旨味なのに、果実の爽やかさ。
ナシのような果実を感じますね。
この旨味と甘味を受け止めるだけの艶やかな酸味が膜をコーティングするように広がってキレてゆきます。

旨味がノリノリですけど、冷えた状態では軽快さすら感じさせてくれる余裕はなんでしょうか?
何よりこの円やかで滑らかな味わいの広がり方は、冷やおろしらしい熟成の良さを完全に引き出していると言えますね~。

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし 02

フルーティーを感じさせつつ、ソレ故に陥りやすい味の軽さをものともしない旨味の乗り。
その旨味の濃さ故か、食中酒として類まれなる才を発揮してくれました。
濃い味付けにも負けませんね!
鍋・刺身と合わせましたが、料理とお酒双方を高め合ってくれました。
だから太る酒ですね!(笑

中々ツボを抑えた1本。

去年まで個人的に苦手意識のあった雄町で、コンナ旨いのを造られちゃあグゥの音も出ません。
やっぱ雄町はツボにはまればトコトン旨い酒米なんだな~。
恐るべし和歌山!

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし 03

スペック---------------------------------------

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろし (九重雑賀酒造)

原料米 : 雄町100%
精米歩合 : 55%
アルコール度数 : 16度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 22.08
内容量 : 1.8L
値段 : 3,150円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ パイナップル香 マスカット香 メロン香 イチゴ香

雨後の月 純米吟醸 山田錦

またまたご無沙汰しております。
忙しかったのもありますけど、この頃イキナシ冷え込んだのもあってか、ちょっと前に風邪を引いてしまいました。
何故これほどアルコールを愛する者が、風邪の菌に毒されねば?と心底不思議に思ってしまうのですが・・・^^;
なので、本当はもうちょっと早く更新する予定だったのに、とんだ足止めを食らってしまいました。

さて、結構前のお話になりますけど、「新規銘柄を開拓しよう!」
今回はその第3弾となります。
広島のお酒は宝剣以来でしょうか。

「雨後の月 純米吟醸 山田錦」です。

雨後の月 純米吟醸 山田錦 00

そういえば余談ですけど、ようやくボクも日本酒の豊富な居酒屋デビューしました。
でも一晩で4000円にもなってしまった・・・1人酒だったのに^^;
ちなみに無事、念願だった田酒や飛露喜も口にすることが出来ました!
苦節1年半くらいでしょうか?(笑

田酒(特純)は一口目、八仙?って感じで、飛露喜(これも特純)は一口目、磯自慢の純吟生原酒?って印象でした(笑
他のお酒に例えてばかりですが、本当にそう感じたのでビックリ。
飛露喜のが好みでしたが、思ってたより印象が薄くてもっと個性的かと思ってました。
やはり溜め込んで溜め込んでの期待しすぎってのは、よくないですね。
家呑みは無理でも、たまにこういうトコで1杯呑めるなら、まあおさまりはつくかな~と思いました(笑

さて、話は戻りますがコノ雨後の月、おそらくスタンダードな商品と思って手にしたのですが、「限定品」の文字。
え?通年じゃないのかな?

前もネーミングのお話を致しましたけど、この「雨後の月」も然り!
何かステキな名前ですよね~。
と、同時に旨そうに思えます(笑

純大吟も1升5000円と割とお求め安かったので迷いましたが、ここは純吟にしておきました。
あんま初呑みで上からいっちゃうと、その次は手が出づらいですし^^;

雨後の月 純米吟醸 山田錦 01

上立ち香は、それほど主張しませんが穏やかなマスカット様に香ります。
ちょっとシャープすぎて、ややセメダインも連想させますが、アマリ強くないので気にするほどではないですかね。
東洋美人のテロワールシリーズ437と非常に似た香りです。
松の司のアゾラとかも近いかな?


どら・・・。


含んだ瞬間は非常にクリアでいながら、すぐに程良い旨味が膨らんでゆき、マスカットの余韻を残しつつスッキリと切れ上がる。
非常にシャープですが、旨味の奥に線の細い甘味を感じます。
酸味が尖ってなくていいですね~!
こういう味わいのお酒って、結構ピリっとくる酸味を感じるものが多いんですが

この爽やかさは、揚げ物などの油もスッキリと洗い流してくれて食中酒としても非常に優秀な部類ですね。
ちょっとまだ香りが開いていない感じがあり、アルコールがバタついている一面を感じる時もありますが、これから開栓後落ち着いて更に旨くなるのは目に見えますね。
今後が楽しみな1本です。

いや~、結構地味目な印象ですけど旨いです!
甘味の少ない、大人のマスカット水のような印象の雨後の月。
ジューシー系ばっか呑んでる人は、ボクのように呑み過ぎてしまうのでご注意!(笑
飲み口がクリアで呑みやすいので・・・。

こういうお酒は得てして飽きが来ません。
甘味や個性が強かったりするお酒は、1杯目は美味しくてもその後の盃の進みが遅くなることがありますが、このお酒はそんなのとは無縁ですね~!
KO!

雨後の月 純米吟醸 山田錦 02

スペック---------------------------------------

雨後の月 純米吟醸 山田錦 (相原酒造)

原料米 : 山田錦
酵母 : ?
精米歩合 : 50%
アルコール度数 : 15~16度
日本酒度 : 2
酸度 : 1.5
製造年月 : 22.07
内容量 : 1.8L
値段 : 3,150円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 キレイ系 マスカット香

誕生日ダヨ!第2弾 ◆ 「上喜元 大吟醸 出品酒」

皆さん、お盆いかがお過ごしでしょうか。

今度はお盆ホリデイで、更新が遅れました^^;

というのも、自分は友人らと広島まで小旅行に行って参りました。
尾道ラーメン・牡蠣・広島焼き・・・と食べることバカリ目に行ってましたが、もちろん原爆ドームや厳島神社にも行きました~。
小学校の修学旅行が広島だったので10年ぶりくらいでしたが、結構2度同じ地を訪れるのもいいもんです。
というか絶妙のタイミングでデジカメを買っておいて良かった(笑

さてさて。
もう誕生日は10日も過ぎましたが、3種類自分に出品したので、本日ご紹介するのはその2本目です。
先日家族にも、外で食事をご馳走していただいたりと、いつに無くもてなされた年でしたが、何でなんでしょうね?
後が妙に怖いです(笑

今回で頂くのは3度目の銘柄ですね。
本日は「上喜元 大吟醸 出品酒」です!

上喜元 大吟醸 出品酒 01 上喜元 大吟醸 出品酒 02

最後に上喜元を呑んだのは愛山の純大吟の2年熟成以来だと思います。
そういえば、今年も2年熟成の2008愛山が出てましたね~。
旨かったのでまた呑みたいですが、出来れば新たな銘柄を優先させたいところです。

最近出品酒が香りだけじゃなくて、味わいも結構シッカリしてるんだな~ということを知って、ちょっと月一回くらいに買うのを楽しみにしているボクですが、やはり中々500mlに3500円近い金額を出すのはためらわれますね^^;
しかしまぁ、まだ財布に余裕があったので数ある500ml瓶から上喜元をセレクト。
松の司か上喜元かでカナリ悩みましたが、今度行って残ってたら松の司も買います(笑

上喜元 大吟醸 出品酒 00

上立ち香はリンゴの甘い香りが漂う。
ちょっとマスカットぽくもあり、どこかクリーミーな香り。
リンゴヨーグルトといった感じですね。
う~まそ~!


どら・・・。


おおお~・・・美しい~!
す~っとトロける!
予想外にシッカリとした旨味と、上品な甘味。
香りが甘いだけに、味も甘めと予想していたら見事に裏切られました。

中盤にややほろ苦さを感じさせ、大人のデザートのような印象。
同じく中盤から顔を覗かせるジワ~っとした酸味がキレを演出。
戻り香はまんまバニラですね。
もはや印象はバニラエッセンスだろうか。
どっこいホロ苦カラメルのプリンかな?

上喜元 大吟醸 出品酒 03

いやぁ~旨い!


どっしりとしたお酒の後に呑んでも、物足りなさは感じさせないであろうこの旨味の濃さはなんでしょうか?
香りを感じたときはその華やかさから、味との乖離を懸念しましたが、ベテラン上喜元にそんな疑いを持つのは失礼というものでしたね。

つい、もう1杯と言いたくなるような味わい。
出品酒にありがちな飽きの早さはソコにはない。
ここ20年間で15回も受賞されてますけど、21酒造年度も納得の金賞でございました~。

上喜元 大吟醸 出品酒 04

スペック---------------------------------------

上喜元 大吟醸 出品酒 (酒田酒造)

原料米 : 山田錦100%
精米歩合 : 35%
アルコール度数 : 17~18度
日本酒度 : ?
酸度 : ?
製造年月 : 22.07
内容量 : 500ml
値段 : 3,360円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ リンゴ香 マスカット香

プロフィール

知志

Author:知志
 
名前 : 知志(さとし)

大阪生まれ大阪育ちの日本酒好きの24歳。
更新の無いまま3年目突入(笑
まわりの友人たちは誰も日本酒を飲まないので、日々布教活動に勤しむ今日この頃。

同年代を1人布教完了!

好きな銘柄 :
磯自慢・くどき上手・而今・醸し人九平次
大吟・純大吟といった高精白酒や、斗瓶・袋吊りという言葉に弱い

趣味・特技 :
7歳くらいからエレクトーンなぞやっとります。

好きなもの :
ジャズ、イカの塩辛(黒造り)、お酒(大の日本酒党、いや、ビールも焼酎もワインも好きだけど・・・)

----日本酒略歴----
淡麗辛口で始まる。

典型的な火入炭濾過の味に飽きる。

フルーティーな日本酒に出会う。

その時電流走る。

嗜好が甘味・果実感を主体とする日本酒に変化。

もっと他にも旨い日本酒があるはずだ。

陸奥八仙純吟中汲み直汲み生に衝撃。

三重錦純吟中取りうすにごりに衝撃。初リピート。

くどき上手純大吟亀仙人に衝撃。亀の尾純吟にごりにも衝撃。

而今五百万石純吟Mk3酵母生に衝撃。

一白水成美山錦純吟生に衝撃。

房島屋純大吟生に衝撃。

山間T-7純大吟に衝撃。

而今純吟八反錦火入に衝撃。

村祐純米大吟醸生に衝撃。

常盤松純大吟にごり生に衝撃。

而今大吟醸火入に衝撃。

房島屋純吟おりがらみ生兎心に衝撃。

磯自慢 大吟醸純米 酒友に衝撃。

豊盃 純米しぼりたて 生に衝撃。

くどき上手 純大吟 羽州山田48に衝撃。

くどき上手 純大吟 愛山48に衝撃。

而今 特純 九号火入れに衝撃

而今 純吟 千本錦 火入れに衝撃

陸奥八仙 吟醸 中汲み 無濾過 生に衝撃

一白水成 純米吟醸 美山錦 無濾過原酒 一回火入れに衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトルに衝撃

醸し人九平次 吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 酒未来44に衝撃

龍神 純米吟醸 秋澄雄町に衝撃

磯自慢 純米吟醸 多田信男に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 ときの花をかざすに衝撃

磯自慢 愛山 大吟醸50に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 雄町に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 雄町44に衝撃

雅山流 純米大吟醸 「翠月」に衝撃

上喜元 純米大吟醸 愛山 2007に衝撃

醸し人九平次 純米大吟醸 別誂に衝撃

東洋美人 純米吟醸 437に衝撃

磯自慢 純米吟醸に衝撃

鳳凰美田 純米吟醸 亀ノ尾 しずく絞り 斗瓶取り 無濾過生新酒に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 純米吟醸 AZOLLA ~アゾラ~に衝撃

墨廼江 純米吟醸 中垂れに衝撃

黒龍 純吟 三十八号 ひやおろしに衝撃

黒龍 大吟醸純米 愛山に衝撃

黒龍 大吟醸 しずく 氷温熟成2年に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽の里 44に衝撃

龍神 純米吟醸 播州山田錦 生詰に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山に衝撃

磯自慢 水響華 大吟醸に衝撃

而今 特別純米 にごりざけに衝撃

而今 特別純米 九号酵母 無濾過生原酒に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒に衝撃

磯自慢 吟醸 しぼりたて 生原酒に衝撃

鳳凰美田 別誂至高 しずく絞り斗瓶取り 大吟醸原酒に衝撃

磯自慢 純米吟醸 生原酒に衝撃

スーパーくどき上手 純米大吟醸 改良信交 30に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

奈良萬 純米大吟醸 中垂れ 無濾過生原酒に衝撃

黒龍 大吟醸 八十八号に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 火入に衝撃

松の司 純米吟醸 選別あらばしり 生に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々 33に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 2007年製造に衝撃

松の司 大吟醸純米 黒 18BYに衝撃

楯野川 中取り純米 出羽燦々 生に衝撃

磯自慢 特別純米 山田錦に衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

松の寿 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

龍神 大吟醸 山田穂 鑑評会出品酒 瓶火入に衝撃

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋に衝撃

磯自慢 大吟醸 愛山 50 21BYに衝撃

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみに衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

墨廼江 大吟醸 600-Kに衝撃

而今 大吟醸 火入れに衝撃

上喜元 大吟醸 出品酒に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造に衝撃

醴泉 純米吟醸 活性にごり 本生に色んな意味で衝撃

小左衛門 純米吟醸 13号 播州山田錦 20BYに衝撃

雨後の月 純米吟醸 山田錦に衝撃

黒龍 しずく 大吟醸に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田に衝撃

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろしに衝撃

初亀 純米吟醸 富蔵に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 大吟醸 斗瓶囲 出品酒に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 Jr. 山田錦に衝撃

山間 無濾過 亀口採り 瓶燗 T10・T11に衝撃

黒龍 純吟 三十八号に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 21BY&22BYに衝撃

大信州 秋の純吟 山田錦に衝撃

小左衛門 純米大吟醸 播州山田錦 19BYに衝撃

仙禽 純米吟醸 とちぎ酒14 中取り 袋しぼり 無濾過生原酒に衝撃

越乃寒梅 大吟醸 超特撰に衝撃

正雪 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 短稈渡船 44に衝撃

泉川 純米吟醸 ふな口 本生に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸に衝撃

十四代 中取り純米 無濾過 生詰に衝撃。←今ここ
------------------
まだまだブログも日本酒も初心者の若輩者ですが、一つよろしくお願いいたします。
フルーティー万歳!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
ユーザータグ
おりがらみ系
にごり系
フルーティー認定
シュワシュワ
微発泡
キレイ系
濃醇系
ジューシー系
メロン香
リンゴ香
マスカット香
パイナップル香
バナナ香
バニラ香
モモ香
イチゴ香
ナシ香
オレンジ香
グレープフルーツ香
ブドウ香
ブルーベリー香
甘味スッキリ
甘味炸裂
燗上がり良し
雑談
会レポ
FC2カウンター
近況
閉鎖しているようでしていない当ブログ
2012年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
最新記事
検索フォーム
ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。