スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 畑違い呑み比べ

日本酒を本格的に呑み始めて、2回目の日本酒の日を迎えることが出来ました!
恐らく普段から日本酒を呑んでる良い子の皆様は、そりゃもうイツモ以上に怒涛の祝い酒と存じます(笑
何せ今年の10月1日、日本酒の日は金曜日ですからね!
日本酒の日とは、日本酒を沢山呑んでもいい日という意味ですので(嘘)、ボクもはっちゃけます!

大体記念日はコノ銘柄です。

本日は「磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田」です。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 05

ちょっと前から酒店さんの冷蔵庫の下にズラリと並んでいた磯さんの純大吟ですが、「まあ去年呑んだからそれより他の銘柄を呑もう」と、さして気にも止めませんでした。
しかし、先日よくよく見ると何だか箱に青い文字と赤い文字で書かれた2種類あるではないですか!

しげしげと眺めつつ、まあ産地違いの事カナ~と思い2本ともレジに持って行くと、ボクの半疑問顔を見兼ねて(?)、酒店の方がキチンと地図まで出して説明してくださいました。
その東条秋津の地図まで貰っちゃった!

同じ特A地区は特A地区なのですが、いわゆる東条町秋津の中でも幾つか畑の区画があり、その畑で採れたお米だけを使って醸されたそうで、東洋美人のテロワールシリーズのような趣となっております。
もちろんこの試みは今年からですが、来年からも続くかは分かりません^^;

ちなみに古家と常田の場所はコチラ。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 00

地図にもう一つ載っている「西戸」は、年2回出るブルーボトルの11月出荷Verでお目見えになるそうです。
サスガにそれまで待って呑み比べるのは、冷蔵庫の回転率を大幅ダウンさせてしまうので諦めました^^;

因みに今年からエメラルドボトルや、愛山まで化粧箱だったりラベルだったりが一新になりましたが、このブルーボトルもラベルの柄が結構シンプルになって、金色だった「純米大吟醸」の文字は白色に、更にボトルの色も少し明るくなった?ような気が致します。
化粧箱付き大吟クラスによく同梱されている、お酒の説明書きのような紙もカナリ変わっておりました。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 12
              ← 今年   従来 →

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 04磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 03磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 02
↑ 右から順番になってます。


今年のものには、造りの過程やそれに対するこだわり、また今回の畑違いについての説明が三つ折りの紙にビッシリと書かれております。
気になる方は上の画像をクリックして拡大して読んでください。

インターナショナル・ワイン・チャレンジの「純米の部」と「純米吟醸・純米大吟醸」の2つの部で金賞を受賞されましたし、磯自慢さんはますます勢いが加速したように思えますね(ちなみに受賞したのは「特純雄町」と「エメラルド」です)。

さて、かつてない壮大な前置きでしたが、早速呑み比べです!

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 09

まず古家の上立ち香・・・もやは気品が満ちているという表現がピッタリな清冽な香り。
美しくも、メロンとミカンが溶けて混ざり合ったかのような果実を感じます。
この辺は常田も同じく良い香りですね。
明確な違いは感じません。


どら・・・。


古家

透明感溢れる甘味がス~っと透き通る。
ふわりと甘い含み香が広がりつつ、舌に乗って温度が上がると旨味が徐々に溶け出して広がってゆく。
どこまで広がると思いきや、申し訳程度の酸味が一気に切り落とし、無の世界。
呑み込んだあと、あの甘味や旨味の余韻を一切残さずスグさま消えてゆく潔さは、サスガと行ったところでしょうか。
やはり最高クラスの1つだけはありますね~、旨いや!

常田

常田は先に呑んだ古家を主軸にして違いだけを考察しようと思います。

気のせいか?
古家よりも円やかな口当たりで、甘味や旨味の消え方が非常に滑らかで美しい。
水を挟んで古家に戻って比べてると、ヤハリちょっと違いますね。
古家で感じた僅かな酸味ですら、コチラには見当たらない。

常田は古家以上に酸味が立たず、それだけに円やかさや美しさの演出が一つ上みたいですね~。
戻り香がやや苦味を伴ったバニラのようで、これも古家とは違い落ち着き払った良い香り。
この戻り香もあってか、円やかな旨味がドコかミルキーな感じ。
こうして見ると、古家は立ち香・含み香とともに、戻り香にも共通点があり、非常に柑橘系の果実を思わせるフルーティーな香りの余韻ですね。

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 08

上立ち香までは全く同じでしたが、ミカンのようなふんわり甘く新鮮な柑橘の印象を与えてくれる古家。

より円やかさが格上で、余韻が果物というよりバニラのような落ち着きある甘い香りの余韻を残す常田。

開栓後の香り・味わいの開き方といい完全にボクは常田が好みでした。
まぁ、明確に違いを見極めてやろうと神経を研ぎ澄まして呑むより、普段着気分で呑んだほうが美味しいのは言うまでもないですケドね(笑

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 10磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田 11

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家 (磯自慢酒造)

原料米 : 特A地区 東条秋津古家産 特上米100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
粕歩合 : 62%~67%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 4~5
酸度 : 1.25
製造年月 : 22.07
内容量 : 720ml
値段 : 5,460円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

スペック---------------------------------------

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 常田 (磯自慢酒造)

原料米 : 特A地区 東条秋津常田産 特上米100%
酵母 : 自社保存株
精米歩合 : 40%
粕歩合 : 62%~67%
アルコール度数 : 16~17度
日本酒度 : 4~5
酸度 : 1.25
製造年月 : 22.09
内容量 : 720ml
値段 : 5,460円
購入店 : 酒のやまもとさん
-----------------------------------------------

↓ぽち~んとクリックしていただけると幸いですm(_ _)m↓
にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ : 日本酒
ジャンル : グルメ

tag : フルーティー認定 甘味スッキリ キレイ系 メロン香 バニラ香

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

タバコ値上がりの日は日本酒の日

2010年10月1日。タバコが値上がりしましたね。 過去最大の値上げ幅だそうで、1箱110円~140円の値上げとなりました。 また...

コメント

非公開コメント

No title

日本酒の日ですね~!!
そして記念日は「磯自慢」
知志さんらしいセレクトです。
贅沢な呑み比べで羨ましい。
数値的には製造年月日が違うだけで変わらない様ですが、味わいはやはり違いが見られるようですね~
この瓶の形でブルーは初めてみたかも・・・

No title

凄い呑み比べ・・・・

旨そう。

もう少しで冷蔵庫空きが出てくるので 磯自慢購入しようと考えてます。

磯自慢師匠の知志くんにお聞きしたいのですが 何から呑めばいいですか???

本醸造からかな??? 

No title

ぽちんぽちんぽちん。
日本酒の日ですか~。知らなかった。日本酒飲まなきゃっ!
磯自慢の郷、焼津出身の身としては磯自慢が褒められる度に私まで褒められたような錯覚に陥って無駄に顔を赤らめております。
鴎人さん
ウチの親父いわく本醸造を買うなら別撰本醸造を買え、とのことです。食中酒には最適かと思います。

No title

感想から熟成感に違いがあるようですね。
常田のほうがそれが進んでいて、古家が若めと。
開栓して数日したら評価が逆転するかも。

一般的には熟が遅いものの方が上質で、飲み頃に達したときのピークの美味さや高い美味さを呈する期間が長いと謂われます。
ただ、それも“米の力”により早くからも熟しても美味いのがあり、硬いまま老ねるのもあり。一概に言えないところもあると感じてます。

冷蔵庫も予算も厳しいだろうけど、もう一本ずつ入手して、あと半年以上して飲み比べると面白いでしょうね。
お酒の深淵さに触れることができるはず!

バッチリです。

昨晩は、Google Chromeだとタイトル画像がずれてましたが、今朝はばっちり修正されてます。
IE(9 Bata)も、Sleipnir(Ver2.9.4)でもバッチリです。
にしても、タイトル画像、、でか!(笑

ほとんど磯自慢を呑めてない親爺なので、この贅沢な呑み比べについては、コメントできません。(悲
ボトルやラベル・説明書きの紙だけでいえば、昨年までの方が親爺の好みですね。そっちの方が高級感が漂ってる。。(笑

磯自慢は、いつも粕歩合まで表記してありますが、67%というは凄いですね。
これこそ、磯自慢の磯自慢たる所以なのかもしれません。

ワインのテロワールは畑違いですが、日本酒テロワールはストレートに「田んぼ違い」の方が、いいですね。(畑で米はとれないもんね。
ぽち~ん♪

No title

田んぼが違うと,やはり味わいも違うのですね。
そりゃそうだ。水と土が違うだけで味わいも変わるわけです
風と陽はどこも変わりませんが,水と土は違いますものね。
それにしてもこの呑み比べ,ぶっ飛びものです。
ポチーン!!

No title

どわっ!Σ(・ω・ノ)ノ

TOP画像でか~。大迫力です。

磯自慢の知志さんらしい、10.1でしたね。
すごい呑み比べだ。ブルーがまぶしいです。

こんばんわ

すばらしいタイトルに変わりましたね~。すっかり魅せれれてしまいました。(笑
10/1に知志さんらしい磯自慢の呑み比べですね。贅沢すぎです。
こんな呑み比べを我が家で出来ることはあるのかな~。
ぽち~ん。

No title

お~!TOP大迫力ですね!
問題なく表示できてます!
しかし、スゴイ呑み比べですね~。
レポ読んでヨダレがでました・・・。
ぽち~んX2!

No title

こんな呑み方ができるのは知志さんしかいない!!
私は2本同時に開けられません(笑)
いつか、ブルーボトルを飲んでみたいです。

Re: No title

EXCITERさん、こんばんは~。


もうあらかた磯自慢は呑んだはずでしたが、こんなものを見てしまっては呑まないワケにはいきません。

ヤハリ2ヶ月出荷が遅い分、まろやかでしたが開栓後更にその差が顕著で驚きました。

Re: No title

鴎人さん、こんばんは~。

ヤハリ純吟の絶妙さを味わっていただきたいところでしょうか。
大吟もいいですけど、若いものはやや渋みのような硬さが残っている気が致しましたので。

というかボクは特純より下をまだ呑んでませんでした^^;
正直本醸造も一番下以外は特A使われているんで、特本であの価格の高さならボクは純吟いきます。

Re: No title

TATSさん、こんばんは~。

磯自慢のみならず、他の静岡酒も最近新たに2銘柄呑みましたが、素晴らしいものでした。

ぽちんっとありがとうございますm(_ _)m

Re: No title

ぽんちゅうさん、こんばんは~。

開栓後も1週間以上引っ張ってみましたが、それでもこの数日間の常田の開き方がより素晴らしいように感じました。

サスガにココまで来ると、常田もちょっとアルコールの辛味や渋みのようなものも見えてきましたが、甘味の冴えが際立ったのでチョット優劣は微妙な所ではございます。

米の力の素晴らしさを改めて感じましたが、幾ら何でももう1セットは勘弁して下さい(笑

Re: バッチリです。

酒呑親爺さん、こんばんは~。

自宅のCgromeは未だにズレてますが、他のPCは大丈夫なのは何故だろう?^^;
何はともあれ、大丈夫そうですね。

実はコレ、今PCの壁紙に使っているものを加工したヤツなんで、デッカイです(笑
今度また別に作る予定ではありますが・・・。

説明書きの高級感は同感です。
去年のがラベルに箔みたいなのが入ってましたし・・・。

畑違いじゃなくて田んぼ違い。
なるほど、スルドイ!
以後気をつけます(笑

ぽち~んっとありがとうございますm(_ _)m

Re: No title

星矢馬鹿酒さん、こんばんは~。

これだけ近所だと気候や風土もアマリ違いはないんでしょうね。
でも熟成度に差があるとはいえ、ここまで味わいが違うとは思いませんでした。

何でも今年の蔵見学の際では、一番人気は西戸だったそうですので、11月の蔵出しが今から楽しみですね。

ポチーンっとありがとうございますm(_ _)m

Re: No title

ともにゃんさん、こんばんは~。

もともと壁紙用に作った画像を加工しましたので、表示までの帯域喰って申し訳ないです^^;

何か変な異名みたいなのが付きましたね(笑

Re: こんばんわ

RYOさん、こんばんは~。

またタイトル画像は適正なサイズに改良する予定です^^;

サスガに2本ともレジに持っていったときは内心「ヤバイ」と思いましたけど、踏みとどまれませんでした(笑

でも買って大満足です!

ぽち~んっとありがとうございますm(_ _)m

Re: No title

diansさん、こんばんは~。

威圧的なタイトル画像で申し訳ないです^^;
また今度暇な時にでも加工しようと思います。

サスガにこのクラスになると、1杯目を味わったらその後はガバっと行きにくいですね(笑

Re: No title

日本酒ランナーさん、こんばんは~。

いや~、ボクが更に憧れる呑み比べは垂直ですね(笑
どんな銘柄でもいいから10年垂直くらいが呑みくらべられたら、もう言い残すことはないでしょう。

ボクもその目的で買ったものの、一瞬
同時開栓は躊躇しましたが、持ち前の「何でも即開栓力」で開けちゃいました^^;
プロフィール

知志

Author:知志
 
名前 : 知志(さとし)

大阪生まれ大阪育ちの日本酒好きの24歳。
更新の無いまま3年目突入(笑
まわりの友人たちは誰も日本酒を飲まないので、日々布教活動に勤しむ今日この頃。

同年代を1人布教完了!

好きな銘柄 :
磯自慢・くどき上手・而今・醸し人九平次
大吟・純大吟といった高精白酒や、斗瓶・袋吊りという言葉に弱い

趣味・特技 :
7歳くらいからエレクトーンなぞやっとります。

好きなもの :
ジャズ、イカの塩辛(黒造り)、お酒(大の日本酒党、いや、ビールも焼酎もワインも好きだけど・・・)

----日本酒略歴----
淡麗辛口で始まる。

典型的な火入炭濾過の味に飽きる。

フルーティーな日本酒に出会う。

その時電流走る。

嗜好が甘味・果実感を主体とする日本酒に変化。

もっと他にも旨い日本酒があるはずだ。

陸奥八仙純吟中汲み直汲み生に衝撃。

三重錦純吟中取りうすにごりに衝撃。初リピート。

くどき上手純大吟亀仙人に衝撃。亀の尾純吟にごりにも衝撃。

而今五百万石純吟Mk3酵母生に衝撃。

一白水成美山錦純吟生に衝撃。

房島屋純大吟生に衝撃。

山間T-7純大吟に衝撃。

而今純吟八反錦火入に衝撃。

村祐純米大吟醸生に衝撃。

常盤松純大吟にごり生に衝撃。

而今大吟醸火入に衝撃。

房島屋純吟おりがらみ生兎心に衝撃。

磯自慢 大吟醸純米 酒友に衝撃。

豊盃 純米しぼりたて 生に衝撃。

くどき上手 純大吟 羽州山田48に衝撃。

くどき上手 純大吟 愛山48に衝撃。

而今 特純 九号火入れに衝撃

而今 純吟 千本錦 火入れに衝撃

陸奥八仙 吟醸 中汲み 無濾過 生に衝撃

一白水成 純米吟醸 美山錦 無濾過原酒 一回火入れに衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトルに衝撃

醸し人九平次 吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 酒未来44に衝撃

龍神 純米吟醸 秋澄雄町に衝撃

磯自慢 純米吟醸 多田信男に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 ときの花をかざすに衝撃

磯自慢 愛山 大吟醸50に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 雄町に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 雄町44に衝撃

雅山流 純米大吟醸 「翠月」に衝撃

上喜元 純米大吟醸 愛山 2007に衝撃

醸し人九平次 純米大吟醸 別誂に衝撃

東洋美人 純米吟醸 437に衝撃

磯自慢 純米吟醸に衝撃

鳳凰美田 純米吟醸 亀ノ尾 しずく絞り 斗瓶取り 無濾過生新酒に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 純米吟醸 AZOLLA ~アゾラ~に衝撃

墨廼江 純米吟醸 中垂れに衝撃

黒龍 純吟 三十八号 ひやおろしに衝撃

黒龍 大吟醸純米 愛山に衝撃

黒龍 大吟醸 しずく 氷温熟成2年に衝撃

醸し人九平次 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽の里 44に衝撃

龍神 純米吟醸 播州山田錦 生詰に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山に衝撃

磯自慢 水響華 大吟醸に衝撃

而今 特別純米 にごりざけに衝撃

而今 特別純米 九号酵母 無濾過生原酒に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 無濾過生原酒に衝撃

磯自慢 吟醸 しぼりたて 生原酒に衝撃

鳳凰美田 別誂至高 しずく絞り斗瓶取り 大吟醸原酒に衝撃

磯自慢 純米吟醸 生原酒に衝撃

スーパーくどき上手 純米大吟醸 改良信交 30に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

奈良萬 純米大吟醸 中垂れ 無濾過生原酒に衝撃

黒龍 大吟醸 八十八号に衝撃

而今 純米吟醸 八反錦 火入に衝撃

松の司 純米吟醸 選別あらばしり 生に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々 33に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 2007年製造に衝撃

松の司 大吟醸純米 黒 18BYに衝撃

楯野川 中取り純米 出羽燦々 生に衝撃

磯自慢 特別純米 山田錦に衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

松の寿 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒に衝撃

龍神 大吟醸 山田穂 鑑評会出品酒 瓶火入に衝撃

醸し人九平次 御点前大吟醸 佐藤彰洋に衝撃

磯自慢 大吟醸 愛山 50 21BYに衝撃

くどき上手 大吟醸 中汲み 澱がらみに衝撃

而今 純米吟醸 千本錦 火入れに衝撃

墨廼江 大吟醸 600-Kに衝撃

而今 大吟醸 火入れに衝撃

上喜元 大吟醸 出品酒に衝撃

磯自慢 大吟醸 一滴入魂 98年製造に衝撃

醴泉 純米吟醸 活性にごり 本生に色んな意味で衝撃

小左衛門 純米吟醸 13号 播州山田錦 20BYに衝撃

雨後の月 純米吟醸 山田錦に衝撃

黒龍 しずく 大吟醸に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 古家&常田に衝撃

雑賀 純米吟醸 雄町 ひやおろしに衝撃

初亀 純米吟醸 富蔵に衝撃

而今 純米吟醸 山田錦 火入れに衝撃

松の司 大吟醸 斗瓶囲 出品酒に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 Jr. 山田錦に衝撃

山間 無濾過 亀口採り 瓶燗 T10・T11に衝撃

黒龍 純吟 三十八号に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 中取り 愛山 21BY&22BYに衝撃

大信州 秋の純吟 山田錦に衝撃

小左衛門 純米大吟醸 播州山田錦 19BYに衝撃

仙禽 純米吟醸 とちぎ酒14 中取り 袋しぼり 無濾過生原酒に衝撃

越乃寒梅 大吟醸 超特撰に衝撃

正雪 純米吟醸 山田錦に衝撃

くどき上手 純米大吟醸 短稈渡船 44に衝撃

泉川 純米吟醸 ふな口 本生に衝撃

磯自慢 純米大吟醸 ブルーボトル 西戸に衝撃

十四代 中取り純米 無濾過 生詰に衝撃。←今ここ
------------------
まだまだブログも日本酒も初心者の若輩者ですが、一つよろしくお願いいたします。
フルーティー万歳!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
ユーザータグ
おりがらみ系
にごり系
フルーティー認定
シュワシュワ
微発泡
キレイ系
濃醇系
ジューシー系
メロン香
リンゴ香
マスカット香
パイナップル香
バナナ香
バニラ香
モモ香
イチゴ香
ナシ香
オレンジ香
グレープフルーツ香
ブドウ香
ブルーベリー香
甘味スッキリ
甘味炸裂
燗上がり良し
雑談
会レポ
FC2カウンター
近況
閉鎖しているようでしていない当ブログ
2012年もよろしくお願い致しますm(_ _)m
最新記事
検索フォーム
ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ
にほんブログ村

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。